脳の疲れに効くストレッチ

みなさんこんにちは。プリーズ浦和の吉田です。
今回は脳の活性化に繋がるストレッチをお伝えします。
脳幹の活性化にもっとも関係が深い筋肉は「抗重力筋」と呼ばれる筋肉です。

抗重力筋とは、重力に対抗して身体を支えている筋肉です。
打表的なものは、背中の脊柱起立筋、お腹の腹直筋、お尻の大臀筋、太ももの前の大腿四頭筋、ふくらはぎ下腿三頭筋の5カ所です。

人間は重い脳を支えて二足歩行するために抗重力筋が発達しました。
脳が疲れてくると抗重力筋が衰えるというように、両者は密接な関係にあります。
今回は背中の起立筋のストレッチをお伝えします。
①両手、両膝を地面に付け四つん這いになります。(両手は肩幅くらい、両膝の位置は股関節の真下です)

②両手と両膝で床を押すようにして、ゆっくりお腹を引っ込め背中を丸めて行ってください。首だけ曲げるのでは無く背中が伸びているのを感じる様に行います。

③今度は丸めた背中を伸ばします。
膝の位置を腰を少し後ろにずらしてお尻を後ろに突きだし、腕を伸ばして背中を伸ばしましょう。

 

 

 

さいたま市、浦和エリアで、頭痛・肩こり、腰痛でお困りの方、

もみほぐし専門プリーズ浦和店にお任せください!

埼玉県さいたま市浦和区東髙砂町11-1 浦和パルコ6階

ご予約は048-813-7374

LINE@やってます!!

【ID検索】@sbc6326i

クーポンやお得な情報をゲット!!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL