肩が痛くて上がらない四十肩

こんにちは。

プリーズ汐留の柳本です。

今回は「四十肩」について

 

・つり革が持てない

・着替えや洗濯物を干すのが辛い

・シャンプーが大変

などの症状。

よく言われる四十肩や五十肩。

 

 

 

これは病名ではなく症状の総称です。

腱板という肩の組織が原因とも言われていますが、ハッキリとした事は未だにわかっていません。

40代や50代の方が訴える事が多いので、この名前が付けられています。

しかし、肩を酷使する事が多いと10代でも20代でも引き起こす事はあります。

このような事があると、筋肉の状態によって引き起こされているとも考えられます。

実際に動きを確認して適切な部位に適切な刺激を加える事により、症状の改善は大いに見られます。

筋肉が原因になっている場合の部位の1つに「棘下筋」という筋肉があります。

肩の前面が痛い場合、この筋肉が原因になっている事が1番多いです。

もちろん、それ以外の場合もあります。

この「棘下筋」は肩甲骨から肩の横に向かって巻き付く様な筋肉です。

腕を上に上げる場合、スムーズに動く様にこの筋肉に力が入り縮みます。

そうすると「肩関節の外旋」という動きが起こります。

この動きがあるおかげで普段はスムーズに肩が動きます。

しかし筋肉が固まっている場合、縮むと痛みが引き起こるという特徴があります。

その為、棘下筋が固まっている状態の場合

腕を上に上げる

棘下筋が縮む

筋肉の特徴で縮むと痛みが引き起こる

という仕組みになります。

この痛みが肩の前面に引き起こされる事が多いのです。

何故、肩の前面に引き起こされるのかに関しては色々と説はありますが、これもハッキリと解明はされていません。
身体はまだまだ不明な事が多いのですが、

・実際に改善した症例
・最も可能性が高い理論
・その人の状態に合わせた考え
・施術者ができる事

などを総合して考え、施術する事が必要になります。

四十肩、五十肩でお困りの方、いつでもご相談下さい。

ご予約ご相談はこちらへ TEL:0120-5-49760 or 03-3578-8886 HP:https://pries.jp 【肩こり・腰痛などお体の悩みはPRIES汐留店へ】 最寄駅:浜松町・大門徒歩1分、汐留・竹芝徒歩5分

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL