症例報告 顎関節症

こんにちは。

プリーズ汐留の柳本です。

 

今回は、顎関節症の症例報告をさせて頂きます。

 

症例報告

顎関節症

 

 

口の開閉で痛む。物を食べるのが嫌になる時もある。友人の紹介で来店して頂きました。

 

結果としては4回の施術で顎関節症が改善された症例です。

 

ぜひ、参考にしてみて下さい。

 

問診(カウンセリング)

40代 男性 デスクワーク

主訴

顎関節症

 

1年前から口の開閉で左のアゴが痛む。特に何をしたわけでは無いが、徐々に痛くなってきた。歯医者にも行ったが特に異常は無いと言われた。

 

既往歴

2年前にストレートネックと診断される。

 

運動検査

口を開けた時と閉じる時に左のアゴが痛む

 

施術

頸部の筋肉を緩めた後に咬筋、外側翼突筋、内側翼突筋を中心に緩める。

 

再検査

施術直後は痛みは無く、口を開け閉めできる。違和感は残る。

 

その後は週1回ペースで続け

 

2回目→まだ痛みは出るが最初よりかは良い。PS6

 

3回目→大分良くなり食べるのが嫌になる事が無くなった。

たまに痛むが大分楽になった。

違和感は残る。

PS3

 

4回目→痛む事は無くなった。違和感が少し残るくらい。PS0

 

5回目来店時には違和感も感じなくなりました。

 

現在は首のコリで月1回のメンテナンスに移行しています。

 

このような過程で顎関節症は改善されました。

 

考察・まとめ

口の開け閉めで痛む、口が開けづらい、アゴが鳴る、などの症状の中には病院で診てもらわないといけない病気の時もあります。しかし、病気で異常が無いと診断された場合は筋肉が原因で引き起こされている事が多いです。

 

顎関節症でお困りの方は、ぜひ1度ご相談下さい。

 

 

大門・浜松町・汐留エリアで 、頭痛・肩こり、腰痛でお困りの方、

もみほぐし専門プリーズ汐留店にお任せください!

港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビル1F

ご予約は0120-549-760

LINE@やってます!!

クーポンやお得な情報をゲット!!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL