妊婦さんにも起こる腰痛

妊婦さんにも起こる腰痛
妊娠中に多くの方が経験するトラブルの1つに腰痛があります。
腰痛は全ての妊娠期において発生しますが、特に妊娠後期は腰痛に悩む妊婦さんの割合が多くなります。後期になると、おなかもせり出して、赤ちゃんの成長に喜ぶ反面、バランスを取らなければならず、体に負荷がかかって、とても大変ですよね。
そこで、今回はそんな腰痛でお悩みの妊婦さんのために腰痛が発生している原因と当店で出来る腰痛改善のための施術をご紹介します!
妊娠での腰痛には大きく分けて原因が3つあり『ホンモンの影響』、『体型の変化による姿勢の変化』、『下半身の血行不良』があります。
妊娠するとリラキシンというホルモンの分泌量が増加します。 このホルモンは出産時に赤ちゃんが産道を通り抜けやすくするために骨盤周りの靭帯を緩める作用があります。 そのため骨盤周辺の関節が不安定になり周辺の筋肉に大きな負担がかかることで腰痛が引き起こされるのです。
【妊娠中の対処法】
今回は腰痛を和らげることの出来る方法をいくつかご紹介します!!
①運動をする
体を動かすことはストレスの発散、体力の維持、血液循環の回復に繋がり、腰痛が緩和されます。
お腹の赤ちゃんへの負担も考えると激しい運動をすることはできませんので自宅で簡単にできるストレッチやウォーキングなどがお勧めです。
②腰痛対策グッズ
ホルモンの影響が原因の腰痛の場合、骨盤を締めて上半身を支えるのをサポートしてくれる妊娠用ベルトやおなかを包み込むようにサポートしてくれるマタニティガードルを着用することで腰回りの筋肉の負担が減って、腰痛も改善されやすくなります。
③姿勢に注意する
おなかが大きくなってくると体の重心が前に移るため、どうしても上半身を反らした姿勢(反り腰)で立ったり座ったりするようになります。そのため、背中から腰にかけて負担が大きくなり、腰痛になることがあります。
下腹部に少し力を入れて、おなかの赤ちゃんを背中側に寄せるイメージでちょっぴり引っ込めると背筋が伸びて反り腰も解消されます!
④身体を温める
腰痛の原因の一つとしてあげられる『血行不良』により、腰周りの筋肉が硬くなり腰痛を発症してしまいます。
さらに血行不良をそのままにしておくと骨盤周りの筋肉も硬くなり、姿勢不良にも繋がってしまうためきちんと身体を温めて血液の循環がいい状態を保てるようにしましょう!
【妊婦さんの腰痛に対する当店でのアプローチ】
当店では筋肉を硬くして痛みを出してしまう根本的な原因である筋硬結(コリ)に対して当店独自の『MPF療法』を用いて施術をしていきます!!
『MPF療法』では筋硬結(コリ)を1mmまで触り分けながら施術をすることができるため、筋硬結を根本から取り除くことが出来ます。
筋硬結を取り除くことで筋肉の柔軟性を取り戻せるだけでなく、再び硬くなるのも予防できます。
妊娠すると日常生活の中でかかる負担が増えてきてしまいます。
悪化する前に症状に合わせてしっかりケアをして心も体もスッキリほぐしましょう!!
マタニティの全てのコースは、体の状態に合わせておなかが圧迫されない専用のクッションを使用しますので、赤ちゃんも安心です!
【産後の骨盤矯正もプリーズ港北店にお任せ!!】
プリーズ港北店では、産後の骨盤矯正のケアも実施しています!
出産後にはリラキシンの分泌がストップされるため、産後6ヶ月ほどで骨盤の緩みがなくなり、徐々に骨盤が固定されていきます。
上記を踏まえると、体調が安定した産後2ヶ月から骨盤が固まりはじめる産後6ヶ月の間に実施するのをオススメします!
【プリーズ港北店でマタニティコースを受ける方へ】
※16週以降で医師の同意がある方、当店の同意書にサインしていただいた方のみのご案内となります。
※マタニティコースは身体への負担を考慮し、施術時間を最長の60分とさせて頂きます。
※上記の場合でも、母子の健康を最優先させていただくため、お断りする場合がございます。
当店のマタニティコースは完全予約制となっております。
まずは、お電話でご相談ください!!
ご予約ご相談はこちらへ
TEL:045-914-8033
HP: https://pries.jp

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL