めまいをラクにする効果的なツボ

こんにちはプリーズノースポートモール店の高橋です。

天気の変動が多い時期、気持ちも何だかどんよりしてしまいますよね。

いつもよりめまいなど体の不調を感じることが多いという方もいるのではないでしょうか。

この時期は、気圧の急激な変化により自律神経が乱れ、心身の不調を引き起こすことが多いです。

今回は、この時期に多い不調の中でも特に「めまいをラクにする効果的なツボ」をご紹介します。

めまいにはさまざまな原因があります。

脳や耳の中の機能に異常があって起こるめまいや、貧血によるめまいの他、血圧の急激な変化によって脳に送られる血液量が不安定になることで起こるクラっと感じるようなめまい、ストレスや気圧の変化などによって自律神経のバランスが乱れることで起こるめまいもあります。

めまいを放っておくと、

耳鳴りや吐き気、頭痛、肩こりなどのほか、精神不安定やうつなどにも繋がり、日常生活に支障をきたすことがあります。

また、脳内の異常が原因のめまいは、特に緊急を要するので注意が必要です。めまいのほか、嘔吐、顔や手足のしびれ・マヒ・ろれつがまわらないなどの症状がある場合は、迷わず病院へ行って下さい!

皆さんもめまいにならないように、なっても対処ができるようなツボをご紹介します。

・翳風(えいふう)

めまいの原因のひとつとされる内耳の機能を高めるツボ。

【取り方】

ツボの取り方は耳たぶのすぐ後ろにある大きなくぼみ。

【押し方】

翳風のツボを人差し指又は中指で、「気持ちがいい」と感じる程度の強さで左右同時に刺激します。深呼吸をしながらまず10回、慣れてきたら50回程度。座って、目を開けた状態で行いましょう。

・竅陰(きょういん)

東洋医学の考えでは、めまいは血液の量を調整する『肝』の働きが鈍って『血』が不足していると考えられており、それを回復してくれるのがこのツボです。

【取り方】

外耳の後ろの真ん中で、骨の内側にあるくぼみ。翳風の斜め上後方にあたる。

【押し方】

竅陰のツボを中心とした耳の後ろのくぼみを、人差し指から小指の4本指(小指を上にした状態)で左右同時に気持ちがいいと感じる程度の強さで刺激します。深呼吸をしながらまず10回、慣れてきたら50回程度。座って、目を開けた状態で行いましょう。

ぜひ皆さんも試してみてください!!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL