腰椎すべり症

腰椎すべり症とは

腰痛や脚の痛みやしびれなどの症状を引き起こす。また、腰椎すべり症には、「分離すべり症」と「変性すべり症」の2種類に分けられる「分離すべり症」は、背骨の本体である椎体と関節を支えている椎弓が分離してしまう状態、「変性すべり症」は、加齢に伴い骨と骨の間にある椎間板や靭帯など、腰椎を安定化している組織が変性したことでずれてしまった状態を指します。

原因

腰椎すべり症を発症する明らかな原因はわかっていません。「変性すべり症」は「分離すべり症」に比べて発生の頻度が高く、中年以降の女性に多く見られることから女性ホルモンの影響を受けているのではないかと言われています。

症状

すべりが重度になるにつれ、腰椎後方の脊柱管という神経の通り道が細くなり、脊髄神経が圧迫されることが要因となり、下肢に痛みやしびれが出ます。また、少しの距離を歩くだけで臀部や太ももに痛みやしびれを感じ、少し休息を取ることで痛みは緩和するが、再び歩き始めると痛みやしびれが出るという間欠跛行と言う症状が見られることも特徴です。

治療

腰への負担を軽減するためのコルセットの使用すること、腰椎のけん引や温熱療法、ストレッチや筋力トレーニングなどのリハビリテーションを実施することで、痛みやしびれなどが軽減する

予防

腰回りやおなかの筋肉を鍛えておくこと、腰を動かして日常的にストレッチをするなど、腰への負担軽減につながる一般的な「腰痛」予防を継続的に行うことが大切です。肥満がある場合には適度な運動や食事療法により減量すること、日常生活の中で常に腰に負担をかけないように注意したりして生活を送る必要がある。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL