そのあごの痛み、【顎関節症】かも?

顎関節症のセルフチェック!
□ 口を大きく開けた時、人差し指から薬指の3本指が縦に入らない
□ 口を大きく開け閉めしたとき、あごに痛みが出る
□ 口を大きく開くとき、曲がって開く
□ するめやタコなど、硬いものを食べると顎や顔がズキズキする

上記のうち、該当する項目が二つ以上の方は顎関節症の恐れがあります!

【顎関節症】の代表的な症状は、
・顎が痛む
・口が開かない
・顎を動かすと音がする

の 3 つで、このうち一つでも当てはまるものがあり、
他の疾患がない場合、【顎関節症】と診断されます。

【顎関節症】は、顎関節にある「関節円板」と呼ばれるクッション材がずれることで生じます。

治療法には保存治療が一般的で、場合によっては外科手術、薬物治療 (主に痛み止め)、生活動作指導などを並行して行います。

痛みが伴う症状も多々ありますが、
実は【顎関節症】の「痛み」における原因は筋肉なんです!

関節円板がずれて顎が正常に動かなくなると、
顎関節の周りの筋肉に負担がかかり、筋硬結 (が生じ痛みが発生します。

PRIESでは、その痛みの原因になっている筋硬結を独自の手技「MPF 療法」によってアプローチし、痛みを取り除きます。

顎の痛みで悩まされている方、ぜひ一度ご相談ください。

【浜松町駅・大門駅徒歩 1 分】
PRIES汐留
TEL: 0120-5-49760

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL