ドローインで身体づくりをはじめませんか??

こんにちは、ノースポート・モール店の関山です(^_-)-☆

みなさんドローインを知っていますか??

ドローインとは腹横筋を鍛える事が出来る体幹トレーニングです。
ドローインは、おなか周りの筋肉である「腹横筋」「腹斜筋」「腹直筋」「脊柱起立筋」「腸腰筋」などの
体幹(インナーマッスル)を構成する筋肉に働きかけることに期待ができます。
特に「腹横筋」は、体の軸を安定させて正しい姿勢へ導く筋肉なので、この筋肉が直接鍛えられれば
体の軸が安定して自然と姿勢が整うのです。
さらに基礎代謝が上がるといわれており、体脂肪も燃焼されやすい体づくりにも期待ができます。

~ドローインのやり方~

1.     息を吐きながらお腹を凹ませる

2.     手順1の状態を10秒以上キープし呼吸を止めずに自然にしている

「10秒以上キープ」とありましたが、だんだん慣れてくると10秒が20秒、30秒、そして1分と

長く続けられるようになってきます。

長く続ければ続けられるほど、インナーマッスルが鍛えられます。

🌟ウエストが引き締まる

🌟姿勢が良くなる

🌟基礎代謝が上がる

🌟腰痛の緩和

🌟ダイエット効果有

・満腹時は避ける
ドローインを実践するときは、おなかを目いっぱいへこませる必要があります。
しかし、満腹状態だと腹筋をうまく使うことができなくなってしまいます。
すると、インナーマッスルも鍛えられないのでなかなかドローインの実感を得ることができません。ドローインは満腹の状態で行わないように気を付けましましょう。

・妊娠中や出産直後はやらない
ドローインは、おなか周りを中心に鍛えます。
妊娠中の方や、産後すぐの状態の方の場合、この運動が刺激になってしまう事もあるため、おすすめできません。

 

お腹に効かせる5つのコツ‼

1.丹田を意識する

ただお腹をへこませて呼吸するのではなく、常に「丹田」を意識するようにします。最初のうちは「丹田」の上に手をあてて呼吸をすると意識しやすく効果的です。

 

2.とにかく凹ませる

基本のドローインは、「常にお腹をへこました状態で呼吸を行う呼吸法」です。息を吸いこむときも吐くときも常にお腹を凹ませ、丹田を意識して呼吸をします。常にお腹の凹みを意識するようにします。

 

3.お尻を意識する

「上手くお腹が凹まない」「深い呼吸がなかなかできない」動作と呼吸が合わず上手にドローインできていないのが原因です。 「息を吐くときにお尻の穴を意識する」と上手にできるようになります

 

4.息を止めない

呼吸はあくまで柔らかくスムーズに途切れないようにするのが大事です。どうしても難しい場合は、お腹の凹みはさておき、呼吸を止めずにすることからスタートさせます。慣れてきたらお腹を少し使って凹ませます。

 

5.継続する

初めは難しかったり、苦しかったりで続かないかも
しれませんが、日常の中で無理なく行える動作ですので、思い出したときにするようにクセづけします。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL