膝の痛みについて

膝の痛みには様々な原因が考えられ、

「歳をとって膝が痛い」という場合のほとんどが【変形性膝関節症】です。

特に、女性に起こることが多く、大半がO脚状の変形を伴い、症状が進むにつれて内側の関節面の軟骨がすり減っていきます。

関節の変形は、全身のどの関節にも発生し、加齢とともに発生頻度は増加しますが、

それほど体重のかからない関節では、変形が生じにくく、例え関節の変形があっても、痛みなどの症状が全くない場合も多くみられます。

そのため、体重がかかり、酷使される機会が多い膝に痛みを感じる方が多いというわけです。

 

膝関節は、大腿骨、脛骨、膝蓋骨の3つの骨から構成されていて、人体の中で最も大きな関節で、日常生活の動作(立ち座り、歩行、階段昇降など)に重要な役割を持っています。

動きとして膝を伸ばすときには、太もも前面の大腿四頭筋という大きな筋肉が働き、膝を曲げるときには、太もも後面の大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋という筋肉が働きます。そして、前面の大腿四頭筋が筋力低下や固くなると、歩きづらくなったり、膝に痛みが生じたりすることが多くなってきます。

高齢化に伴い、膝に何らかの症状を抱えている方は、10人に1人ともいわれております。

病院での検査で『膝の軟骨が減っている』と診断された方でも、膝周りの筋肉を緩めると痛みが楽になるケースが多くみられます。

 

施術では筋肉を緩めて関節の動きを良くしていきます。

また、膝周りの筋肉は骨盤からついている筋肉が多いので、骨盤矯正も行うことが必要です。

 


 

PRIES汐留では

「触れるレントゲン」と言われる

【MPF手技療法】

【骨盤矯正】

を主軸に施術し、

さらに

【姿勢矯正】

【鍼灸治療】

【マイオセラピー】

を最適に組み合わせた施術を提案し、【膝の痛み】の改善を図ります。

 

【膝の痛み】でお悩みの方、いつでもご相談下さい。

 

【浜松町駅・大門駅徒歩1分、汐留・竹芝徒歩5分】

 

TEL: 0120-5-49760 東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング1F

 

ネットご予約をご希望の方はコチラ

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL