汗をかく

こんにちは、プリーズ港北店の関山です(^_-)-☆

<上手に汗をかこう>

この季節は、汗をかくことが多くなりますね。
なにかと敬遠されやすい汗ですが、汗は、天然の保湿剤でもあり、体温調節には
欠かせないものです。

汗には様々な役割があります。

1)体温調節
発汗を調節するのは自律神経(交感神経)で、
体が熱くなると、皮膚や体内の温度の情報が
脳に伝わり、汗を出すように指令が出されます。

2)疲労・不要物質を排出
筋肉が疲労するとできる、乳酸や二酸化炭素が
体内に貯まると、肩こりの原因になります。
汗をかくことで、これらが排出されます。

3)自律神経のバランスを整える
自律神経のバランスが崩れると体調不良の
原因になります。
汗をかくことで、この乱れを解消することができます。

<良い汗?悪い汗?>

体温が上昇すると血液からミネラル分と水分が
汗腺に取り込まれますが、汗には良し悪しがあります。

【良い汗】
・大切なミネラル分は血液中に吸収され、
ほとんどが水分なので、ベタつきや臭いが少ない
・すぐに乾くので、体を冷やす効果が高い

【悪い汗】
・ミネラル分が再吸収されず多く含まれているので、
皮膚についた菌の養分になり臭いの元となる。
・ミネラル分が失われ、体調不良の原因となる。
・大粒でダラダラ流れるので、蒸発しにくく
体温を下げる効果が低い。

<良い汗をかくには?>

1.適度な運動
ウォーキングや軽いジョギング、日焼けが心配な方は、
エアコンをかけない室内でストレッチやヨガで
じんわりと汗をかきましょう!

おすすめの時間帯は、夕方の4時以降!!
自律神経の交感神経と副交感神経が交代するのが
この時間と言われています。

2.外出30分前の水
出かける前に水を飲むと、外出してもあまり体温が上がらず、
汗がスムースに出て上手に体温調節が行われます。

3.夕食に暖かい食べ物
夏の昼食はさっぱりしたものになりがちですが、
夕食に温かいものや辛いものを摂ると、
身体が温まって汗を出してくれます。

汗は健康のバロメーターともいわれます。
上手に汗をかいて、夏バテせずにこの時期を乗り切りましょう。

 

都筑区でリラクゼーション,鍼(はり),美容鍼,マイオセラピー,猫背矯正,骨盤矯正をお探しなら、プリーズへ!

プリーズ ノースポート・モール店(センター北駅すぐ)
神奈川県横浜市都筑区中川中央1-25-1ノースポート・モールB2F

ご予約は045-914-8033

LINE@やってます!!
クーポンやお得な情報をゲット!!

友だち追加数

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL