腰椎分離症

腰椎分離症とは

腰椎の中で一番下にある第5腰椎に起こりやすい。スポーツなどで激しい運動を繰り返していると腰椎分離症になる。

原因

成長期のおいて、野球、サッカー、バレーボール、バスケットボール、ラグビー、柔道など、身体の前後や腰のひねり、ジャンプからの着地といった動作を繰り返すスポーツなどの激しい練習が原因です。特に、10〜15歳の男子が多く、一般人の約5%、スポーツ選手では30〜40%が腰椎分離症を起こしている

症状

腰痛が主だが臀部や太ももに痛みが出ることもある。腰を後ろに反らせたり、腰をひねったりすると痛みが出る。2週間以上痛みが続く場合は、腰椎分離症である可能性が高いので病院に行くこと。

治療

スポーツ活動を休み、安静にすることが大事。そして、コルセットを装着するなどして、負担がかからないようにすること。

予防

腰の負担を軽減する働きがある腹筋と背筋を鍛えること、股関節が固いと身体をひねったときの腰への負荷が大きくなるので、太ももの筋肉や股関節の周りをストレッチすること。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL