足の痺れの原因とは?

足の疲れの原因とは?
都筑区ノースポート・モール
プリーズ港北

足の疲れには、色々な原因があります。人の体は使いすぎて疲れるのはもちろん、使わなさすぎても疲れを感じてしまいます。まずは自分がどんな原因から足の疲れがきているのか、把握してみましょう。

使いすぎによる疲れ
足が疲れている時にまず誰しもが思い付く原因といえば、足の使いすぎによるものではないでしょうか。
スポーツをした後、ショッピングなどでたくさん歩いて筋肉を酷使したとき。不慣れな靴やヒールなどバランスの悪い靴で歩いて、部分的な筋肉や関節に負担をかけたときなどがよくあります。

運動不足
人の体は面白いもので、使いすぎて疲れるのはもちろん、使わな過ぎても疲れが溜まります。
また、局所的に体を鍛えるのも凝りの原因になりますので運動を始める方はバランスよく鍛えることをオススメします。

長時間同じ姿勢で過ごすと、筋肉が硬直し筋肉が張ってしまったり、運動不足により足の老廃物が上手く排出できず、むくんでしまいます。

特に、男性に比べ女性はデスクワークで座ったままでの仕事が多く、また体の構造的に筋肉量が少ない方がほとんどです。筋肉量が少ないことで、下半身の老廃物や水分の循環が上手くいかず、夕方足がむくみ、重怠い不快感を感じる事があり、このタイプの疲れは女性に多く見られます。

体の歪み
体の歪みによって、普通の歩行や立っている姿勢であっても、必要以上に疲れやすくなってしまいます。例えば骨盤が歪むことによって、左右の足の長さが違ってきます。すると一方の足にだけ重心が偏ってしまい、一部分の筋肉だけを酷使することになります。

本来バランスよく使われるはずだった筋肉の一部分だけは強く張り、他の一部分は衰えたりすることはよく起こります。筋肉の過度な緊張や筋力低下によってむくみがあらわれることもあります。

気象条件
足の疲れとは関係ないように思われるかもしれませんが、天気も意外と関係しています。雨の日や台風が近付いてきたり、気圧が下がると片頭痛を起こす人がいますが、頭だけでなく足にも影響があります。気圧が下がると高気圧の時に比べて体が感じている空気の圧が下がります。すると足にかかる圧力も下がり、足のポンプ機能も低下します。

また、血管が広がりその分血流も遅くなるので、むくみやすくなり、足のむくみによって重怠く、疲れを感じてしまう状況になります。

上記のふまえて、当店では自慢の【MPF】療法で疲れている足にアプローチして
、血行促進することで疲労物質の排出を促します。凝り固まった筋肉のままだと疲労物質が循環しづらいので、緊張している筋肉をほぐしてあげることで、効率よく疲労回復することができます。
それと、体の歪みに気になる方は骨盤矯正もオススメしております!
歪んだ骨盤を正しい位置に戻すことで、崩れていたバランスも戻ることで痛かったはずの筋肉の緊張もほぐれて体も心もリフレッシュされます。

この【MPF】療法と骨盤矯正を組み合わせながら施術することで、体の歪みはとれ、痛かったはずの場所が気にならなくなったと変化を実感できる素晴らしい
組み合わせなコースです!

悩んでた悩みを一人でかかえず、気軽にお声かけてください!!
スタッフ一同で、全力でサポートしてまいります。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL