背中にも痛みが出てきた場合の坐骨神経痛の対処法-港区・浜松町・大門

そもそも坐骨神経痛とは、腰から足にかけて走る「坐骨神経」という神経が様々な原因によって圧迫・刺激される事で現れる、痛みや痺れなどの症状の事です。

 

多くの場合は、腰痛に引き続いて引き起こり、お尻、太ももの後ろ、すね、足先などに痛みや痺れなどが引き起こります。

 

整形外科的な見解の原因は、、

年齢が若い場合は、腰椎椎間板ヘルニアが多く、高齢になると、腰部脊柱管狭窄が多いと言われています。

腰部脊柱管狭窄、腰椎椎間板ヘルニアとも腰椎(背骨の腰の部分)に起こる異常によって神経根が圧迫され、下半身に痛みや痺れを引き起こすと言われます。

 

 

 

整形外科的な見解での治療法、、

治療の基本は保存療法で、薬物療法や理学療法などを行います。

痛みがコントロールできない場合や膀胱や直腸などに別の障害があらわれた場合などには、外科的療法が検討されます。

 

薬物療法、、

多くの場合、痛み止めとしてまず非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs)が主に用いられます。

また、痺れるような痛みや発作的に生じる鋭い痛み(電撃痛と言います)などの神経の痛みに対しては「神経障害性疼痛治療薬」、筋肉の緊張をやわらげて症状を軽くする目的で「筋緊張弛緩剤」、血流を改善して症状をやわらげる目的で「血管拡張薬」なども用いられます。

 

神経ブロック療法、、

局所麻酔薬により、痛みが神経を伝わるのをブロックする治療法です。

主に整形外科、麻酔科やペインクリニックなどで実施されています。

 

理学療法、、

運動やマッサージなど、代謝機能や身体機能などの改善を目的に行う治療法です。

 

認知行動療法、、

認知行動療法とは、痛みについての誤った認識を修正する「認知療法」と、痛みと行動の関係を知り、日常生活でできる事を増やしていく「行動療法」を組み合わせた治療法です。

 

脊髄(脳)刺激療法、、

脊髄の近くに電極を埋め込み、電気信号で脳を刺激して痛みを取り除く治療法です。

薬剤などの治療法で効果が見られない場合に行われる治療法で、主に、脊柱管狭窄による坐骨神経痛に用いられます。

 

外科的療法、、

手術による治療法です。

坐骨神経痛の治療では最初から手術が行われる事はほとんどありません。

しかし、その他の治療であまり効果が見られない場合や、膀胱や直腸に障害が見られる場合は手術も検討されます。

 

 

 

以上が整形外科的な見解の原因と治療法です。

しかし、原因が不明な事や、治療の効果が見られない事が多々あります。

手術をしたのに変わらない、より酷くなった、なども多々あります。

 

モチロン、一度は整形外科での診断を受ける事はオススメですが、そこで原因が不明だったり、効果があまり見られない場合は、80%以上筋肉が原因となり坐骨神経痛を引き起こしています。

 

簡単に言うとコリです。

しかしコリとは、細胞レベルで言うと軽く肉離れをしている状態です。

専門用語で言うと筋硬結(きんこうけつ)というのができています。

 

この筋硬結が坐骨神経痛を引き起こします。

そして坐骨神経痛の場合、この筋硬結の多くは腰の筋肉にできます。

腰の筋肉はほぼ背中まで繋がっています。

なので、悪い状態を放っておくと背中まで痛くなるのです。

この場合の対処法は、その筋硬結ができている筋肉を緩める事です。

 

 

 

PRIES汐留では、

触れるレントゲンとも言われる【MPF手技療法】で【坐骨神経痛】の原因になっている筋硬結にアプローチし、症状を改善していきます。

他にも

【姿勢矯正】

【骨盤矯正】

【鍼治療】

【マイオセラピー】

を最適に組み合わせ、【坐骨神経痛】が出にくい身体づくりをご提案します。

 

【坐骨神経痛】でお困りの方は、一度ご相談下さい。

 

【浜松町駅・大門駅徒歩1分、汐留・竹芝徒歩5分】

 

TEL: 0120-5-49760

 

東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング1F

 

HP

https://pries.jp/space/shiodome/

 

ネットご予約をご希望の方はコチラhttps://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000488736/

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL