港区浜松町・大門で坐骨神経痛を放置しているとどのような病気になるのか

ざこつしんけいつう、、

「坐骨神経痛」と書いたり、「挫骨神経痛」と書いたり、「座骨神経痛」と書く場合もあります。

その坐骨神経痛(挫骨神経痛/座骨神経痛)とは、いったい何なのでしょう?

また、その原因は何なのでしょうか?

 

坐骨神経痛は、特定できる病名(疾患名)が他にあり、坐骨神経痛は症状の1つという扱いになる場合と、特定できる病名(疾患名)が明確でない為、坐骨神経痛を病名(疾患名)に充てる場合があります。

 

坐骨神経痛が症状の1つとして扱われる場合は、検査等で原因の特定をはかり、原因となる病名(疾患名)が、明確である場合です。

その時には、坐骨神経痛は症状の1つとなります。

 

「坐骨神経痛」が、病名(疾患名)であり、症状名でもある場合というのは、検査等で原因が特定できない場合で、その場合には、「坐骨神経痛」を病名(疾患名)に充てる事になります。

 

 

その坐骨神経痛、、

「病院に行くのが面倒」などで、ほおっておくと、、

今ある腰・お尻・足にかけての痛みや、痺れ、違和感などがずっと続き悪化します。

 

悪化した場合には、「座る」・「しゃがむ」などの事も困難になり、排尿・排便が苦しくなったり、歩行が困難になったりする事もあります。

また、痛くて眠れないなど、生活に支障をきたす事になりかねません。

 

早めに治療しましょう。

 

治療方法としては、病院の整形外科では、原因を特定する為のヒアリングを行い、その後にレントゲン・CTスキャン・MRI検査・ラセーグテスト・SLRテスト・触診などの検査が行われます。

 

坐骨神経痛の原因が特定できる場合も原因が特定できない場合も、その痛みを緩和させる為に、内服薬・座薬・硬膜外ブロック注射・神経ブロック注射などの薬物療法を行います。

また、冷感療法や温熱療法が行われる事もあります。

 

坐骨神経痛の原因が明確になり、手術によって原因が取り除かれ回復すると考えられる場合は、手術を行います。

 

坐骨神経痛の原因が明確にならず、特定できない場合がかなり多いのですが、その場合は坐骨神経痛という症状が病名(疾患名)としても扱われ、痛みの緩和の為、薬物療法で対症療法を行います。

 

 

 

そして、坐骨神経痛を緩和したり、予防するための方法として、

・重たい物を持たない

・長い時間同じ姿勢でいない

・激しい運動は禁止

・減量

・安静にする

・腰から足の筋力を強化する

・ホットパックの使用

・温浴する

などを提案されます。

 

坐骨神経痛の原因を特定できない事が多いのは、病院では局所の画像診断が主流だからです。

 

画像診断で、痛みの出ている局所のみを検査・診断するだけでは不十分な事が多いのです。

 

痛みの原因、起因している根本的な原因は体全体を診る必要があります。

 

例えば、坐骨神経痛は筋肉の過緊張によって起こる場合も多々あります。

筋肉の過緊張は、背骨や骨盤が歪んでいる事によって引き起こされていたり、股関節や仙腸関節といった関節の可動域が低下して、体全体のバランスが崩れ、無理やりバランスを取る為に余計な力が入ってなど、様々考えられます。

 

一人一人、原因は様々です。

 

まずは、どんな状態なのかを聞き、姿勢や重心、関節の動きや筋肉の固さ、歪みの度合いなど、トータルで診なければ、根本原因を探れません。

さらに、過去の既往歴や体の反応も考慮する事が大切です。

 

施術では、原因になっている筋肉(原因筋)に対して1ミリ単位でアプローチする事も必要になります。

 

 

 

PRIES汐留では、

触れるレントゲンとも言われる【MPF手技療法】で【坐骨神経痛】の原因筋に1ミリ単位でアプローチし、症状を改善していきます。

他にも

【姿勢矯正】

【骨盤矯正】

【鍼治療】

【マイオセラピー】

を最適に組み合わせ、【坐骨神経痛】が出にくい身体づくりをご提案します。

 

【坐骨神経痛】でお困りの方は、一度ご相談下さい。

 

【浜松町駅・大門駅徒歩1分、汐留・竹芝徒歩5分】

 

TEL: 0120-5-49760

 

東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング1F

 

HP

https://pries.jp/space/shiodome/

 

ネットご予約をご希望の方はコチラhttps://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000488736/

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL