港区浜松町でむち打ち症で治療していたが、打ち切りにあったらどうしたらいいのか?

交通事故に遭ってしまった場合、当然治療が必要になります。しかし、怪我の治療の継続中に、加害者側の保険会社から「症状固定なので治療を打ち切る」などと迫られる事があります。

 

 

しかし、「むち打ちによる症状が残っているので治療費を打ち切られたら困る」、「症状固定後も通院はできるのか」など、不安は多いと思います。

 

そこでまずは、症状固定とは何かという事と、保険会社から症状固定と言われ治療費の打ち切りを打診された場合の対処方法について説明します。

 

症状固定とは、医師から「これ以上治療をしても症状改善の見込みが無い状態に達した」と判断された事を言います。

治療を継続しても、大幅な改善も見込めず、過度な悪化の恐れも無い状態なので、「症状」が「固定」したという事になります。

 

例えばむち打ちの場合、事故直後から治療を続けていくと、症状は徐々に緩和していく事が多いと思います。

そして、治療を続けていくうちに、治療の効果が薄れたり、一時的に痛みなどが緩和されても、数日で症状が戻ってしまう事を繰り返すような時期が来る場合があります。

このように適切な治療を受けたのだが、今後の治療効果が期待できない状態であれば、症状固定であると判断されることになります。

 

 

このように、症状固定かどうかは、医師が治療を続ける必要性を考えて判断する事になります。

なので、原則として症状固定の状態にあるか否かについては、保険会社が判断できる事では無いのです。

しかし、保険会社は被害者の主治医から話を聞くなどして症状固定時期を予測します。

そして、最終的には自身の判断で強引に打ち切ってくる事もあるのです。

 

症状の度合いは人それぞれ違います。

よって、治療にかかる時間や頻度も人それぞれです。

「一般的にこれくらいなので」などと保険会社から打ち切りを迫られたとしても、安易に応じないで下さい。

担当の医師や弁護士に相談して、適切な症状固定の時期を判断してもらいましょう。

 

 

そして次は、本来の症状固定前に打ち切りに応じてしまった後の対処について説明します。

 

 

①自身の自動車保険に人身傷害補償特約が付保されている場合、その特約で治療費を支払ってもらう方法

 

特約を使っても自動車保険の等級が下がることはありません。

ご自身が加入している任意保険会社に一度相談してみる事をお勧めします。

 

 

②健康保険を使用して治療を継続する方法

 

交通事故の場合、「健康保険が使えない」という事をよく聞きますが、交通事故の場合でも健康保険を使用する事は可能です。

ただし、私傷病で使うのではなく第三者の加害行為によって使うので「第三者行為による傷病届」を被害者加入の保険組合に届け出る必要があります。

保険組合から「第三者行為による傷病届」用紙一式を入手し必要事項を記載して届け出る事になります。

 

 

③加害車両に付保されている自賠責保険に被害者請求する方法

 

健康保険を使用して立替えて支払った治療費を自賠責保険に被害者請求して回収する方法があります。

ただし、既に任意保険会社が一括払いで支払った治療費等がある場合、自賠責保険における傷害分の限度額である120万円からその分は差し引かれますので注意が必要です。

また、被害者請求したからと言って自賠責保険独自の調査によってその治療費が認められないという事もありますので、その点も注意が必要です。

 

 

 

そして、PRIES汐留では整骨院登録をしていますので、

【交通事故後の保険治療】

も受け付けています。

交通事故後の「むち打ち」や「身体の痛み」など、しっかりとした治療を受けないと悪化する可能性もあります。

触れるレントゲンとも言われる当店独自の【MPF手技療法】で、それらの不調を改善させます。

さらに当店では鍼の施術も受ける事が可能です。

中々改善しない場合は鍼も受ける事をお勧めします。

 

 

交通事故後の「むち打ち」「痛み」「不調」などでお悩みの方は、ぜひ一度ご相談下さい。

 

 

【浜松町駅・大門駅徒歩1分、汐留・竹芝徒歩5分】

 

TEL: 0120-5-49760

 

東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング1F

 

HP

https://pries.jp/space/shiodome/

 

ネットご予約をご希望の方はコチラhttps://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000488736/

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL