頭痛と関連深い「後頭下筋群」

こんにちは。プリーズ汐留の柳本です。

今回は後頭下筋群(こうとうかきんぐん)についてお伝えします。

後頭下筋群とは後頭部のすぐ下にある筋肉です。

※この筋肉です

僧帽筋の奥にあるのですが、細かく分けると大後頭直筋、小後頭直筋、上頭斜筋、下頭斜筋という四つの筋肉からなります。

この筋肉にコリ(筋硬結 ・トリガーポイント)ができた時に起こる症状と、その原因を簡単にまとめます。

・症状
頭の内側の痛み
後頭部から目とおでこに広がる痛み
頭全体の痛み
首の動かしにくさ
など

・原因
頭部を頻繁に動かす
同じ姿勢が多い
感情的な緊張
など

どうでしょうか?当てはまる物はありましたか?

特にパソコン仕事の方は後頭下筋群にコリ(筋硬結 ・トリガーポイント)ができている事が多いです。

パソコンでの目の酷使と長時間の同姿勢が重なっているからです。

そこから後頭部付近の頭痛や目の疲れに広がります。

この様な症状でお困りの方にオススメのコースがあります!

 

スッキリ頭痛改善コース

 

↑↑↑↑↑↑

上記の画像をクリック!

 

今すぐお電話を!!

 

 

大門・浜松町・汐留エリアで、頭痛・肩こり、腰痛でお困りの方、
もみほぐし専門プリーズ汐留店にお任せください!

港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビル1F

ご予約は0120-549-760

LINE@やってます!!
クーポンやお得な情報をゲット!!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL