肩こりとストレスの関連性と与える影響は?? 都筑区リラクゼーション プリーズ港北

肩こりとストレスの関連性と与える影響は?? 都筑区リラクゼーションプリーズ港北

 

私達のからだの中を流れる血液はおよそ1分間のうちに身体中を巡回し、老廃物を

体外に排出しながら、酸素などの栄養素を全身に届ける役割を担っていますが、

様々な影響を受け、血流が滞り、血行不良になるといろいろな身体の不調がでてきます。

肩こりは、筋肉がこわばることで肩から背中にかけて、感じる不快な症状の状態をいいます。その原因の1つが血行不良で、筋肉に沿って流れる血液の流れが滞ることで筋肉の老廃物が蓄積し、血管が圧迫され痛みや筋緊張感といった肩こりの諸症状をもたらします。

肩こりの症状は痛みの度合いや部位によって異なりますがいずれにしても滞った血液の

流れを良くする事で肩こりの症状は緩和されます。

 

しかし、放っておくと負のスパイラルに陥ります!

血行不良→筋肉中の鬱血・浮腫→代謝産物の蓄積→不快感・痛み・筋緊張→血管圧迫

これらの悪循環が繰り返し起こることで肩こりが慢性化していきます。

・肩こりが背中まで広がる理由

「肩」は複数の筋肉で構築されており、筋肉によって役割は様々です。
その中で、肩こりに最も関係が深い筋肉は「肩甲拳筋」と「僧帽筋」です。肩甲拳筋は腕を持ち上げる等の役割を担い、僧帽筋は頭を一定角度に保ったり、胴体を固定する筋肉です。これらの筋肉は、周辺の筋肉とつながっている事から肩から背中にかけて広範囲のこりに影響を与えます。
つまり、血行が悪くなり背中の筋肉が硬くなることは、肩こり等の不調に大きな影響を与える原因となるのです。

 

・肩こりとストレスの関係

肩こりの原因が見つからない場合は、普段の生活の中での身体的なストレスや精神的なストレスが原因となっていると考えられます。
身体的なストレスとしては、デスクワークなどで長時間にわたり同じ姿勢をとること・

パソコンでの作業などによる目の疲れが肩こりの原因として挙げられます。
特にパソコンやスマートフォン・タブレットなどを使う際には、首を前に突き出し両肩を前にすぼめるような姿勢になってしまいがちです。
このような姿勢を長時間続けると、首から肩にかけての筋肉がこわばり、血流も滞って肩こりにつながってしまいます。
パソコンのディスプレイなどを見続けると目やその周囲の筋肉が緊張して、首から肩にかけての筋肉も緊張を強いられます。
さらに、常に光源を見続けることによってまばたきの回数が減ることでド目が乾き、疲れ目につながります。また、体の冷えによっても血行が悪くなるため、夏であってもオフィスの冷房などで常に肩が冷やされるような環境は肩こりを招く場合がありますので、疲れ目や冷えも注意が必要です。
さらに、椅子の高さやディスプレイの位置が自分の体に合っていないことも、首や肩への負担になって肩こりにつながります。

身体的なストレスに加え、精神的なストレスも肩こりに影響を与えることが知られています。これは、ストレスを感じると筋肉を緊張させる自律神経の交感神経の働きが活発になり、筋肉が緊張してしまうため、血行が悪くなって肩こりにつながります。

 

次回は、肩こりの予防について書いていきます

 

オススメコース

・ボディトレーナーコース

・トップセラピストコース

・姿勢矯正(筋膜リリース)

・鍼

 

当店自慢の【MPF】は根本改善に特化したオススメの施術です。
無料でカウンセリングも行っていますので、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

ご予約ご相談はこちらへ
TEL:045-914-8033
HP: https://pries.jp

LINE:https://lin.ee/tSDHAFF

【肩こり・腰痛などお体の悩みはPRIES港北店へ】
最寄駅:センター北駅5分

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL